政治 国防 防衛 韓国 ビジネス 中国 外交 安全保障 経済 忍者ブログ
HOME > > [PR] > ビジネス > 韓国現代自動車:砂上の楼閣の栄華 RSS   Admin NewEntry Comment
個人的な話題と社会に役立つテーマを関連付けて感性を綴っていきます。 最近政治的な話題にも興味が出てきました。
  • 2017.11≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2018.01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は為替問題と合わせて自動車の問題を取り上げてみる。

ウォン高で現代自動車“失速” 圧倒的シェア誇る韓国でも「逆転現象」
産経新聞 5月7日(火)9時30分配信
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130507-00000510-san-bus_all

よくよく記事を見てみると、現代自動車は、為替要因(為替そのものも国策としてのウォン安)で安い価価格で・・・良く言うと価格競争力があって、自動車でシェアを取っていたという訳ではないようだ。

-----以下引用-----
昨年11月、米環境保護局は現代自動車と起亜自動車が米国で販売した自動車約90万台について、実際よりも高く燃費性能を表示していたとする調査結果を発表した。いわゆる燃費性能の水増しで、それは最大でガソリン1ガロン当たり6マイル(1リットル当たり約2・6キロ)に達していた。この問題は消費者の苦情で判明したもので、これほど大規模な誤表示は米国で初めてという。

 また、4月5日には米国で販売した乗用車など計約187万台をリコールすると米道路交通安全局に届け出た。ブレーキを踏んでもブレーキランプが点灯しないほか、事故時にエアバッグが作動した際に、車の天井の一部が落下する恐れがあるという欠陥が見つかったためだ。
----以上引用-----

人間の命に関わる自動車産業で性能水増し・誤作動って、「真面目に仕事しているんかいな。」ってレベルでの問題外中の問題外だ。
まさに、こんなニュースが出ても、「安かろう悪かろう」で企業レベルで開き直りは良くあるかもしれないけど、消費者は看過していたら全体で進歩ないな。

消費者を含めてより一層のレベルアップも世の中的には必要かも。現代自動車のメッキが剥がれて、シェア減少も当然といえば当然だけど、毎回韓国は国策レベルで不毛な陰謀論を展開して、消費者も安かろう悪かろうを許して品質に関する信用を忘れてしまっては元の木阿弥と化す訳だ。
自動車は各国自国の花形となる産業であるため、消費者の先見性を含めて重要な展開が予想される。

拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107
応援お願いします
プロフィール
HN:
PrinStar
性別:
男性
自己紹介:
学術キャリア。
最近政治に目覚め中。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[02/25 take surveys for money]
[05/16 Backlinks]
[09/22 ゆい]
最新TB
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
アプリ
フリー

Kauli
RSSフィード
悠々自適系Blog Produced by PrinStar
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]
政治 国防 防衛 韓国 ビジネス 中国 外交 安全保障 経済