政治 国防 防衛 韓国 ビジネス 中国 外交 安全保障 経済 忍者ブログ
HOME > > [PR] > 資産運用 > 株価とバランス感覚 RSS   Admin NewEntry Comment
個人的な話題と社会に役立つテーマを関連付けて感性を綴っていきます。 最近政治的な話題にも興味が出てきました。
  • 2017.09≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2017.11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週は、金曜日に日経平均株価が8,800円を回復することになったが、
円高・震災の影響云々による変動プロセスは、一言でまとめてしまうと
「株価がすんなり回復してもらっては困るんだよね」
って市場反応だった気がする。

思えば、リーマン・ショック時の株価回復についても、日本が最も出遅れ、結果的にショックの影響が世界で最も影響したといっても過言ではない。

市場予測による高低のバランスにより、株価を通じた経済の変動は置きうるものであるが、
日本市場でのバランス感覚は常々、
悲観論ありきの感覚
という気がする。

さらに加えて、金融資本主義と産業資本主義は密接に結びついているとはいえ、別物(例:円高だが、先物価格で調達契約している条件下で販売価格を決定しているため、ガソリン代は安くはならない。地産池消の経済成立圏においては為替差異は関係しない(第二次世界大戦時のブロック経済でも見られる))
の側面も悲観論中心では成立しなくなる。

東日本大震災以来、復興に向けて取り組まねばならない状況である。
とかく悲観に持ち込むべきではなく、しっかりと実経済の復興に取り組むべきである。


以上まとめると、
「実経済は真面目に淡々と取り組むべきだが、金融市場は悲観論を中心に変動は大きく足を引っ張りそうだ!経済の真贋は改めて大事だよね」
となる。

凄く当たり前だが、企業の実経済での活動と市場評価は別物であり、平均株価の回復とともに格差の是正がされることが予想される。現在、明らかに高すぎる株から、低すぎる株に資金が流入して平均して底上げがされそうだ。

ぶっちゃけ高すぎる株は?低すぎる株は?でチャートを眺めながら資金面から取捨選択していくといい気がする。

拍手[2回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39
応援お願いします
プロフィール
HN:
PrinStar
性別:
男性
自己紹介:
学術キャリア。
最近政治に目覚め中。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[02/25 take surveys for money]
[05/16 Backlinks]
[09/22 ゆい]
最新TB
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
アプリ
フリー

Kauli
RSSフィード
悠々自適系Blog Produced by PrinStar
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]
政治 国防 防衛 韓国 ビジネス 中国 外交 安全保障 経済