政治 国防 防衛 韓国 ビジネス 中国 外交 安全保障 経済 忍者ブログ
HOME > > [PR] > ビジネス > ブラック企業を擁護する韓国文化 RSS   Admin NewEntry Comment
個人的な話題と社会に役立つテーマを関連付けて感性を綴っていきます。 最近政治的な話題にも興味が出てきました。
  • 2017.08≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ≫ 2017.10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


毎度ブラックな話題を提供してくれる韓国であるが、企業文化もブラック企業そのものである。
ストレス社会の不満を日本批判に向けるのは本当に迷惑な話である。
むしろ乞食根性を自己浄化すべきである。



http://topics.jp.msn.com/wadai/recordchina/article.aspx?articleid=2941801


------------------以下引用---------
2014年1月10日 05:50
(Record China)
韓国の恐るべき“残業文化”、「20時前には退勤せず」「上司帰らずば部下帰るべからず」―中国メディア

2014年1月8日、韓国・聯合ニュースによると、韓国政府は青瓦台で行われた国務会議上で、残業を「栄誉」とする職業文化の改善をうたった「韓国人の職業文化改善に関するプロジェクト」を公表した。北京青年報が伝えた。


韓国のサラリーマンの間では、残業こそ栄誉であり、定時で退勤することは恥とされてきた。午後8時前には絶対に退勤せず、上司が帰 らない限り部下も帰らない。これらは韓国の典型的な職業文化となっている。「過労」が社会問題となっている今日でもそれは変わっていない。専門家による と、「残業文化」は業種や職種を問わずどこにでも存在し、大企業では特に顕著だという。


韓国雇用労働部の高官は、「韓国人の年間の平均労働時間は2112時間に達している。仕事にいそしむ文化は韓国経済の発展の動力となったが、長すぎる労働時間は生産力につながらない」としている。


政府はこのような職業文化を排除するよう企業に働きかけ、「柔軟で効率的な業務体制」を実現することで、社員の積極性と生産性を高 めるよう呼びかけていくという。韓国雇用労働部の房河男長官は「問題を根本から解決するためには法の整備だけでなく、社会全体が自覚を持つことが重要」と 話している。(翻訳・編集/北田)


拍手[0回]

PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125
応援お願いします
プロフィール
HN:
PrinStar
性別:
男性
自己紹介:
学術キャリア。
最近政治に目覚め中。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[02/25 take surveys for money]
[05/16 Backlinks]
[09/22 ゆい]
最新TB
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
アプリ
フリー

Kauli
RSSフィード
悠々自適系Blog Produced by PrinStar
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]
政治 国防 防衛 韓国 ビジネス 中国 外交 安全保障 経済